施工事例 H邸床修繕工事

お客様からのご要望

M邸の洗面リファームしているところ、ご近所のH様が床を見て欲しいと相談されまた。
床・壁の修繕で、健康に良い素材を利用して欲しい。

<施工上のポイント>

床の全面張替え
床・壁材料の選択

棟梁のメモ

 築40年で床はかなり痛んでおり、壁もはがれていました。今回はお客さんの希望で健康に良いものと言われ無垢材を使いました。

どうせなら檜にして欲しいということでしたので、トイレの床も同様に檜を使いました。

あと壁のほうですが珪藻土入りという物があります。 珪藻土は耐火性に優れているため、七輪やコンロなどの原料に使われてましたが、最近は建築素材として注目されてます。 吸・放湿性、防カビ、吸着性、断熱性にも優れた特徴があります。

貼り終わったあと、久しぶりに良い匂いをかかせてもらいました。